薄毛の原因④:【遺伝】

2019/01/09

【遺伝による薄毛】

薄毛の仕組みはいろいろと原因がありますが、その一つは遺伝に関係があるといわれています。
以前とは、親の顔と子供の顔が似ていることを考えれば分かりますが、親の顔が子供に似ているのは同じDNAは子にひきつがれているからです。

これにより、結果的に顔が似たり様々なところが似ることが考えられます。
正確に関しては、親と子供に似ていることもありますがこれははっきりと遺伝かどうかわかりません。

その一方で、髪の毛などは遺伝するとされています。
特に、薄毛の場合やはげている場合などは遺伝する可能性が高くなるでしょう。

実際に、父親がはげている場合には子供がはげている可能性も高くなります。
ただその一方で、髪の毛が薄い場合は祖父の影響を受けるといわれており祖父の髪の毛が薄ければ孫も同じように薄くなる可能性が高くなるわけです。

このように、必要のない部分がそのまま伝わっている可能性がありますがこれに対してどのような手段で対抗することができるかが問題になります。

まず一つ目としては、やはり自分自身の生活習慣を改めることが重要になります。引き継いでしまったものは可能な限りつぶしていくことが必要です。
しかし、確実につぶすことができませんのでそれ以外の部分からせめて外堀を埋めていくような感じにしましょう。

具体的には、まず食生活の面で注意しなければならないことです。
食生活においては、可能なかぎり脂っこいものを食べないことが重要になります。
脂っこいものも食べることにより、結果的に血液の中に脂分が含まれて血管が少しずつ縮小していきます。

よく水道工事などで配水管が詰まったりしますが配水管は内側にこびりついた汚れの部分が結果的に排水管の詰まりを促しているわけです。
これと同じように、脂分が固まって血管の内側に詰まってしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。
血液の流れが悪くなることにより、頭皮に十分な栄養素が届かなくなり結果的に髪の毛が抜けやすくなる可能性が高くなるわけです。

そうだとすれば、どのような食生活においてもとりあえず脂分はなくしていきましょう。
ただ、日本人は昔それほど脂分をとっていなかったにもかかわらず禿げている人がいましたのでそれだけが原因とはいえません。

しっかりと食生活を気をつけつつ、それよりももっと別の理由を考えていく必要もあります。
食生活でもう一つ言えることは、夜中まで遅く起きている人は髪の毛に影響を与えるといった点になります。

なぜかといえば、人間は夜の10:00ぐらいから夜中の2:00ぐらいにかけて成長ホルモンが活発に動き出します。
髪の毛も、成長ホルモンによってその成長を促すことができるわけですが、これが使えないとなると一方的にダメージを受けても修正することができません。

結果的に、髪の毛の成長が止まってしまいその人は薄毛になってしまう可能性があります。
そうだとすれば夜の10:00ぐらいになるかあるいは少なくとも夜の12時前に寝るようにしなければなりません。
もし仕事の関係でそのようなことができない場合には、思い切って仕事を辞めてしまうのも一つの方法です。

このように述べると、収入が減ってしまうのでどうしたらよいのかと考える人もいます。
ですが、転職をすることで収入が減少している場合には副業を行って稼げばよいだけです。

それ以外では、よく運動することが重要になります。
運動することで血液の流れが良くなり代謝も良くなる可能性が高いわけです。
ただ、毎日運動するのは難しい場合も考えられますのでこの場合には通勤の最中に可能な限りあるくようにすればよいです。

もともと人間は、歩くのが基本にありますのでこの部分を怠ってしまってはできません。
このように遺伝以外の部分からせめて薄毛をなくしていくしか方法はないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最終更新日