薄毛の原因③:【ホルモンバランス】

2019/01/09

【ホルモンバランスによる薄毛】

人間は、髪の毛が薄くなるとどうしても頭の部分を気にしてしまうものです。
結果的に、髪の毛が薄くなることにより外に出たくなくなる人や引きこもりになる人も少なくありません。

このようにならないためには、事前にしっかりとした薄毛の対策を立てておくことが必要になります。
具体的にどのようなことをするかといえば、まずその仕組みや原因を探ることから考えなければなりません。

なぜ髪の毛が薄くなるかといえばその理由はたくさんあるわけですが、その一つがホルモンバランスが崩れることにあります。
ホルモンバランスが崩れることにより、結果的に髪の毛が薄くなり悩みの種となるのは間違いないところです。

そもそもホルモンバランスとは何かといえば男性ホルモンと女性ホルモンのバランスといってもよいでしょう。
人間には二つのホルモンがあり、男性ホルモンは本来男性が持っているものですが女性にも多分に含まれています。
その一方で、女性ホルモンも男性には含まれておりその両方のバランスの良い状態を維持することができれば薄毛に悩まされることはありません。

髪の毛自体は、女性ホルモンが多い人の方がしっかり生えているとされています。
逆に男性ホルモンのバランスが多すぎることにより、薄毛になる心配が多くなるでしょう。

なぜ男性ホルモンが薄毛の原因になっているかといえばそれはそこに含まれる物質の中にテストステロンと呼ばれるものがあるからです。
この物質は、皮脂をたくさん分泌することで知られています。よく、髪の毛などを触って指を見てみると多少脂が付いていることがあるでしょう。

この脂が付いているのは、頭皮の表面に脂が付いているからです。
つまり、この部分に関してはテストステロンが十分に働いていることであり男性ホルモンが強く出ていることを表しています。
ではなぜ髪の毛の脂が抜け毛につながるのかといえば、それは頭皮が髪の毛の成長の邪魔をしてしまっているからです。

これにより、成長がなかなかできず結果的に抜け毛につながります。

では、どのように解釈したらよいかといえば、適度に髪の毛を洗うことで十分対策として効果を発揮するでしょう。
この点に関しては、むきになってかなり洗ってしまう人もいますがそうすると逆に皮脂が増えてしまう可能性が高くなります。

なぜなら必要な皮脂に関しては自然に出るようになっており必要以上になくなってしまうとよけい皮脂を出すように働きかけるようになるでしょう。
これらの働きにより、結果的に髪の毛が薄くなる可能性が高くなります。

では、何をしたらよいかといえばあまりシャンプーで洗い過ぎないことも大事になります。
シャンプーで洗いすぎることにより、余分に取ってしまうためこのほどに残しておくことも大事です。
つまり両極端なことはしないことが重要になりますので、この辺のこともしっかり意識しておくことが大事になります。

男性ホルモンを減らすためには、女性ホルモンの注射を打つことも考えられますが、この方法はある意味飛び道具です。
つまり、通常ではあまり行わない方法になりますので積極的に行うならば自己責任でしなければなりません。

もし行いたいならば、専門の医者によく相談をする必要があります。
人間は、人によってホルモンバランスが異なりますので、勝手にそれを変えることで副作用が発生する可能性もあるわけです。

具体的な例としては、女性ホルモンをたくさん就任し髪の毛は多少復活したものの行動が女性っぽくなってしまったり胸が大きくなってしまった例があります。
もし、自分自身が女性になりたくないならば注射は控えるようにしましょう。
あるいは、医者と相談して少しだけホルモンの注射を打つことでバランスを変えてみる方法も考えられます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最終更新日