薄毛の原因②:【生活習慣】

2019/01/09

【生活習慣による薄毛】

男性は、年齢とともに髪の毛が薄くなってくる人もいます。
ただその一方で、白髪にはなるけども髪の毛が薄くならない人もいるでしょう。
この違いは何かといえば、一つは生活習慣にあります。生活習慣とは、食事の面と運動の面の2種類に分かれてくるところです。

まず食事の面から考えると、人間には高カロリーのものをためると薄毛になる可能性があります。
具体的にどのようなものかといえば、ハンバーグやポテトフライあるいはステーキなど脂分がたくさん生まれたものに関しては髪の毛に大いに影響があります。

なぜかといえば、脂分は血管の中に入り血管の内側にこびりつくと血液の流れが悪くなってしまうからです。
血液自体は、栄養分を運ぶ役割も果たしていますが、髪の毛に栄養分が十分に運ばれなくなれば、結果的に髪の毛の活動は弱まり方に抜けてしまいます。

もちろん生えてくることもありますが次にハイテクの髪の毛自体は非常に薄い髪の毛になる可能性が高いです。
よく髪の毛が抜けているときの毛先を見ると、細くなっていることがあるでしょう。

これは薄毛になる人の特徴といえます。ある意味、薄毛になるシグナルが出ていますのでこれを見逃してはいけません。
そのような髪の毛の場合には、すぐに食生活自体を変えていかなければならないでしょう。

ではどのようなものを食べたらよいかといえば、基本的に欧米風の食事ではなく和食を食べることです。
日本の食べ物に関しては、油があまり含まれていないためから中に油がたまることもありません。

欠陥自体も流れやすくなるため血液が十分に頭までめぐり結果的に髪の毛自体が成長する可能性が高くなります。
それと同時に、ダイエットまでできてしまい大きな効果が見受けられるでしょう。

このようにすることで、問題を解決することができるだけでなく体重を落とすことができます。
二つの意味においてメリットがありますので、ぜひ実行してみるのが良いです。

もう一つは、運動することも重要になります。運動することで体の代謝自体が高まります。
子供のころは代謝が十分だったにもかかわらず大人になり運動をしなくなることによって代謝が不十分になります。
その結果体重が増えるだけでなく髪の毛が薄くなる傾向があるでしょう。

では、どのように運動したらよいかといえば大きく分けて有酸素運動と無酸素運動の二つを取り入れることが重要です。

有酸素運動の場合には、ウオーキングなどで十分ですがウオーキングをすることにより体の中の血液のめぐりが良くなり代謝が活発化されます。
当然これはダイエットにもつながりますので、最近もおなかが気になる人にとってはダイエットも兼ねながらウオーキングをするのが良いです。

ウオーキングをするためのポイントですが、10分程度歩いただけではあまり意味がありません。
本格的に体の活性化をし代謝を促しながら体脂肪を減らすことも考えるならば30分から40分ぐらいは歩き続ける必要があります。
例えば、会社に行くのに今までバスを使っているならば、駅までバスを使わずにひたすら歩くことがよいです。
これは雨が降っても変わらず歩き続けましょう。一つの修行だと思えば、続けることが可能になります。

もう一つは無酸素運動ですが、無酸素運動することによりやはり代謝が良くなるといえます。
代謝を良くすることで、抜け毛を防ぐことにつながり結果的に希望している見た目に変身することができる可能性が高いです。

ただし、三日坊主にならないように注意しなければなりません。たいていの場合は途中で飽きてしまいますが、
目的を明確することにより良い結果を出すことは決して難しくありません。
もし続かないようならば、自分自身を信頼してくれる人と約束をしましょう。

 

最終更新日