薄毛の原因①:【ストレス】

2019/01/09

【ストレスによる薄毛】

薄毛になっている場合には、人の前に出て話をするのは恥ずかしいことがあります。
このような場合には、何らかの対策を考える必要があるでしょう。

もちろんその状況を自分で受け取り切れているならば問題ありませんが、
恥ずかしくて以前よりも人前に出たくなくなったと言ったことがある場合には早めの対策が必要になります。

その1つとしては、原因を探求することです。これは物事においてどのような事でも同じになりますが、
まず原因を探求することで薄毛を防ぐことが可能になります。

実際に髪の毛を生やすかどうかはその次の段階であり、まずは薄毛の対策をすることが大事になるでしょう。
薄毛の仕組みとしては、精神的な辛さを感じることにより血液の流れが悪くなり栄養分が髪の毛に届かないからです。

では、一体どのようなことが考えられるでしょうか。まず1つ目としては、基本的にストレスが問題になります。
ストレスに関しては、完全になくすことはできませんが可能な限り減らすことが可能になります。
それ以前に、そもそもどのような理由により発生してしまうかを考えることで、より有効な対策を打つことができるわけです。
まず、ストレスを感じる時と言われているのは、自分自身の意思に反する事と言えるでしょう。

例えば、会社でやりたくない仕事をしなければならないときには何らかのストレスが発生しますが、
これは自分自身の意思に反しているからです。

煩悩まみれの人は、比較的精神的に追い込まれやすくなりますが、これは自分のやりたくないことややりたいことが明確になっていない証拠でしょう。
もしやりたいことが明確になっていれば、自分のやりたいことを仕事にするはずです。このような場合には、
精神的なダメージを受ける可能性は少なくなりますのでそのような仕事に就くのも1つの方法にあります。

このようにすることに関しては、抵抗を感じている人は少なくありません。
なぜなら、転職をすることによって収入を失ってしまうからです。

では、収入をしなうことと髪の毛がなくなる事はどちらが自分にとって深刻なダメージがあるでしょうか。
これを考えた場合には、基本的に収入を得る事を重視しないことが重要になります。

なぜなら、自分の最大の悩みは収入を得ることではなく髪の毛を薄くしないことのはずだからです。
それさえ手に入れることができれば、お金が対してもらえなくてもそれほど問題では無いわけです。

しかも今の時代には、本業以外にも副業で稼ぐ手段がありますので、わざわざそのようなことにこだわる必要はありません。
このように考えれば、自分自身が精神的に健康でいられる状態を保つことができるわけです。

もう一つの効果的な方法としては、自分自身の気持ちを改めることが大事になります。
例えば、自分自身の中でストレスを感じるような場面は何かに期待をしているからではないでしょうか。
この仕事はもう少し楽に違いないと期待したり自分の仕事はこれに違いないと範囲を限定してしまうと
自分の仕事とは違う仕事が来た場合精神的にダメージを受けてしまう可能性があります。

あるいは自分が上司の立場だとすれば、嫌な仕事をする場合もそうですが部下が言うことを聞いてくれない場合などは精神的なダメージが大きくなります。
イライラしてきて、どなり散らしたりすることで仕事が終わった後に頭を見てみると髪の毛が薄くなっていることに気がつくかもしれません。

そこまで露骨な結果が出なくても、髪の毛をクシのようにして手のひらでつまんでみると大量に髪の毛が抜けている可能性も否定できないです。
そもそも、部下に対して何かを期待するから問題であり、わざわざ期待しないようにすれば問題の解決をする事は決して難しくありません。

このような2種類のやり方で、最終的にストレスを減退することができますのでまずは実行してみることが重要になります。

 

 

最終更新日