女性の薄毛の原因:ホルモンバランスの乱れ

2019/01/16

薄毛の原因はさまざまなものが挙げられます。その一つがホルモンバランスの乱れです。

特に女性の場合では、出産などの時期にホルモンバランスが乱れやすく、それが原因で抜け毛の増加や薄毛に悩むこともあります。基本的には規則正しい生活をする、食生活などの改善などによってある程度の対策にはなりますが、

出産後などの場合には、それ以外にも対策を心がけるようにするといいでしょう。

頭皮環境などに負担とならないように、シャンプー剤などの見直しをしてみるということも大切です。

洗浄力が強いタイプの場合には、頭皮に対して刺激が強い、負担となることにより抜け毛の原因になることもあります。ホルモンバランスの乱れなどが原因での薄毛であっても、

それ以上に頭皮に対して負担をかけないようにするためにシャンプー剤なども刺激が弱いタイプなどを利用してみるというのも対策の一つです。

また、育毛剤などを利用するという方法もあります。育毛剤では、ホルモンに働きかけるような成分や育毛にとって栄養となるもの、一時的な血行の促進を促すなどいろいろと育毛にとっていい成分が含まれているため、抜け毛を防ぐことにもつながります。

ただし、妊娠中などは、ホルモンに働きかけるような成分は赤ちゃんに影響を及ぼしてしまう可能性などもあるため、使用を控えるということも大切です。

いくつかの対策などもありますが、それ以外にもストレスなどによる影響もでてくるため、精神面のケアなども重要だといえます。リラックスできる生活環境を整えることや休息をとる、睡眠をきちんととるなど疲労やストレスなどがたまりにくいように、

自身でうまく生活状況をコントロールしていくことが大切です。適度な気分転換をすること、趣味や遊びなどで休日を楽しむなどしてストレスを緩和していくといいでしょう。ホルモンバランスが乱れないように、

自分なりに生活の中で工夫して対策をすることで薄毛を予防、対策していくことが重要です。

 

最終更新日