女性の薄毛の原因:冷え性の人は薄毛になりやすい?

2019/01/16

薄毛で悩んでいるのは男性ばかりではありません。女性でもホルモンの関係だったり、血流が悪かったりすれば髪の毛が抜けやすくなったり生えてきづらくなり、薄毛になる事はあるのです。

ちなみに女性の場合、こういった悩みを抱えやすい傾向の方として、まず冷え性であることがあげられます。血液の循環が悪く代謝も悪い原因は、筋肉が少なかったりして血流が悪い事が想定されます。

体温が低いというのもありますし、手の先や脚の先が冷えてしまう末端冷え性の方も多いのではないでしょうか。

男性よりも女性の方が冷えやすい事もありますが、特にそれは頭皮の血流が悪くなる事にも影響がありますし、毛根部分に十分な血液がいきわたらない事で髪の毛にも良くない影響が有ると言われています。

冷え性であると、内臓の機能も低下しやすく便秘がちになったり、脂肪が蓄積されやすくなると言ったデメリットがあるように、髪の毛にも影響が出やすいです。

まず大事な事は身体全体を冷やさないようにする事や、筋肉をつけて代謝をあげて血流をアップさせる事です。体質改善は時間もかかりますが、それも続けていく事で薄毛対策にもつながっていくでしょう。

さらに頭皮のマッサージも重要なポイントです。

頭皮の血流が悪くなる事で、髪の毛の発育が悪くなるだけではなく新しい毛が生えてこなくなったり、抜け毛が増える事にもつながります。

そのため十分に血流をいきわたらせるためにマッサージを毎日行いましょう。その際育毛剤を使う事で、頭皮を活性化させるための成分を入れたり、栄養を与えていくことが出来ますので効果が期待出来ます。

育毛剤の価格帯は幅広いですが高ければよいというわけでもありませんし、口コミ評判やランキングなども参考にしながら自分の頭皮にあったものを選んでいくようにしましょう。

使い始めて数日ぐらいですと効果を実感することは出来ませんが、数か月間使っていくことで効果も実感できてきます。

 

最終更新日